教師は民間企業に転職しづらい?教師経験を活かした転職先ベスト3

「教師は民間企業に転職しづらいとよく聞くけど、実際どうなんだろう? 」

「今教師だけど、別の仕事に転職したいな~。」

「教師が転職しやすい職種が知りたい!」

こんな質問にお答えします。

これを書いている私は、教師歴6年でプログラマーへ転職しました。

その間に一度、民間の塾で塾長候補として就職しましたが、営業の適性がないと判断され、結局講師業を割り当てられてしまった苦い経験があります。

この記事では、教師は民間企業に転職しづらいのか、教師経験を活かした転職先ベスト3、なぜその職種に転職しやすいのかについて書きます。

元教師が別の業界の講師職に転職するのは簡単なので、今回は講師以外の職種を紹介します。

なるべく体験談も交えてわかりやすくまとめましたので、ぜひ最後までお読みください。

教師は民間企業に転職しづらい?

いきなり残念なお知らせですが、教師は民間企業に転職しづらいです(;^ω^)

理由は、以下の3つです。

・過去に売上を伸ばした等の目に見える実績がないため。

・学生相手の仕事しかしてきていないため。

・教える以外のスキルがない(と思われている)ため。

私も実際、中学校教師を辞めた後、イベント企画、食品の販売員、雑貨の販売員、アプリ開発、海外インターンシップの企画、飲食、観光…など様々な業種で17社受けましたが、結局合格したのは1社(教育系)だけでした。

私の努力不足もあるかもしれませんが、職務経歴書を書いたり、面接で話す時に「教師は、別の業界でアピールできるスキルがほとんどない!!!」と痛感したものです。

「えっじゃあ教師は民間企業に就職できないの?! 」

ご安心ください。教師が転職しやすい業界もあるんです。

教師の実体験を交えてアピールしたり、数か月独学すれば未経験の業界でも可能です。

それでは、 教師経験を活かした転職先ランキング を見ていきましょう(=゚ω゚)ノ

教師経験を活かした転職先ベスト3

1位 教育系(いわずもがなですね!)

塾・学習教室などを運営する会社、児童指導員、児童館職員、キャリアカウンセラーなど

元教師のココをアピールしよう!

  • 教育への情熱、人の成長を応援したいという思いが人一倍強い

教師になった人は、「学校の先生に救われた経験があるから、私もそんな先生になって子どもを成長させたい」「日本の学校教育の課題は〇〇だと思うので、改善していきたい」など、教育に対して何かしらの思いを持っています(よね?)。

ちなみに、私が中学校教師になった理由は「いい教育は人の人生を豊かにするので、一番身近な教育機関である学校教育に関わりたいと考えた」からでした。

そんな思いをかなえることができる民間企業は、やはり教育系の企業ではないでしょうか。

教育系企業の理念や事業内容に沿って、教育への熱い思いをアピールしやすいです。

よって、書類選考や面接に合格しやすいのです。

2位 事務系(転職活動前に学習が必要な場合もあり)

一般事務、学校事務、英文事務、秘書、データ入力・タイピング、OAオペレーター、コールセンター、総務、受付など

元教師のココをアピールしよう!

  • ワード、エクセルの基本操作ができる
  • コミュニケーション能力がある
  • コツコツ作業するのが得意
  • 人の役に立つと喜びを感じる

教師はプリント作成や事務作業を日常的に行っているので、一般事務、学校事務、データ入力などの大まかなスキルが身についています。

以下の事務職は特別なスキルが必要なことが多いようなので、そのための勉強が必要です。(スキルが不要な場合もあるので、都度求人情報を確認してください)。独学かスクールで勉強したら、身につけたスキルをアピールポイントとして転職活動しましょう。

営業事務:パワーポイント、エクセルでのグラフ作成

英文事務:英語(英語教師なら大丈夫ですね!)

秘書:英語、ビジネスマナー、敬語、秘書検定合格

OAオペレーター:関数を用いたエクセルの活用

コールセンターや総務、受付の仕事は、コミュニケーション能力があれば誰でもやりやすい仕事なので、教師経験の中でコミュニケーション能力を磨いた体験談や、人の役に立つことへの喜びを中心にアピールすればよいと思います。

3位 IT, エンジニア系
(転職活動前に3か月~半年の学習が必要な場合が多い)

プログラマー、エンジニア、CAD、ヘルプデスク・ユーザーサポート、フィールドエンジニア・サービスエンジニア、評価・テスト、設計など

元教師のココをアピールしよう!

  • 勉強が苦にならない性格なので、教えてもらうだけではなく、 必要なスキルを自ら学んでいける。
  • 几帳面で、ミスがないかなど細かいことに注目するのが得意

教師は効率的な勉強方法を知っている人や、これまでよく勉強してきた人が多いです。

「いや~、自分は別にそんなに勉強好きじゃないよ…」

好きじゃないとしても、大学受験や教員採用試験のために勉強してきましたよね?ということは、勉強することに慣れているんです。だから大丈夫!

「 でも、たった3ヶ月の勉強でIT系の仕事に就けるの?! パソコンに詳しい人しかなれないかと思っていたよ。。 」

例えばプログラマーなら、未経験でも3ヶ月(200~300時間程)の独学で就職可能だと断言します。私がそうでした。

3月までは、朝から昼過ぎまで日本語教師をしていましたが、その間に2月から独学スタート。

3月中旬に退職し、それから毎日学習して4月中旬から転職活動スタート。そして内定ゲット!

GW明けからプログラマーです(∩´∀`)∩ワーイ

というわけで、プログラマーをはじめとしてエンジニア、CADも、3か月~数か月の学習で転職可能です。

以下の勉強をしましょう。

プログラマー、エンジニア:HTML, CSS, Bootstrapなど。

CAD:CADソフト

「 勉強時間を確保するために、まず教師をやめなくちゃいけないよね? その間収入0になるから不安だな。。 」

大丈夫です。2つ方法があります。

1.最低4か月分の生活費を貯金したあと教師をやめ、3か月間勉強に集中する。

2.教師をしながら、平日毎日1時間、土日は2時間の勉強を6か月間続ける。

方法1に関して。生活費4か月分というのは、勉強期間3か月分+転職活動期間1か月分です。

贅沢しなければだいたい40万円くらいですかね?(都心だともっとかかるのかな?すみません、私は北海道に住んでいるのでよくわかりません(;^ω^))

また、ヘルプデスク・ユーザーサポート、フィールドエンジニア・サービスエンジニア、評価・テスト、設計は就職後の研修が整っていることが多いようなので、事前学習は必要なさそうです(企業の求人情報をよくご確認ください)。

以上、教師が転職しやすい民間企業ベスト3でした!

「 転職しやすい職種はわかったけど、あんま興味わかないな~。 好きなことを仕事にできたらいいのに。 」

↓そういう方は、【裏ワザ】をお使いください↓

【裏ワザ】長年続けている趣味で得たスキル
 →趣味の領域でも転職可能

好きなことで稼ぎたいあなたに朗報です。誰でも、長年続けている趣味の領域で転職可能です!

まず言っておきますが、ただ何かを消費するだけの趣味(例:YouTubeを見るだけ、写真を撮るだけ、服を買うだけ)じゃ意味ありませんよ!(; ・`д・´)

何かを生み出す趣味(例:YouTubeに動画を投稿している、写真を撮って作品をブログ等で公開している、服のコーディネート術を研究している)があれば、そのスキルを活かして転職が可能です。

(例)イラストを描くのが好き
 → webデザイナー、グラフィックデザイナー

Photoshop, illustrater, Indesignのスキルはwebデザイナー、グラフィックデザイナーへの就職に有利です。

自分の作品があれば、面接などでアピールすることもできます(ネットなどに作品を公開していると特にアピールしやすいかと)。

Webデザイナーになるなら、プログラマーと同様HTML, CSSの知識も身につけておくと尚有利です。

(例)いつも美容に気を使っている
 →エステ、美容、セラピスト、マッサージ

これらに転職する際に特別なスキルは必要ありません。たいてい就職後に研修があるようです。

美容への思いや、美容を通して顧客にどのようなものを提供していきたいかなどがアピールできればOKです。

(例)YouTubeに動画を投稿するのが好き→ YouTuber

動画を投稿している時点でもうYouTuberですが(笑)、広告収入が入るようになれば立派な職業です。

人の娯楽、教養、ビジネスなどに役立つ情報が発信できれば視聴回数が増え、収入も増えていきます。

はじめは努力してもなかなか再生回数が伸びず、すぐには収入に結びつかないのであきらめる人が多いのが難点です。しかし、他のYouTuberの動画の研究をしながら、役立つ動画を投稿し続ければ、広告収入で生きていけるようになる夢のある仕事です。

このように何かを生み出すことができる人はそうたくさんいないので、趣味を今以上に極めてスキルを身につけちゃえば、好きなことを仕事にできちゃいます。

まとめ

以上の内容をざっくりと振り返ると、教師が転職しやすい職種は

  • 教育系
  • 事務系
  • IT, エンジニア系

の3つで、さらに好きな領域で転職するには

  • 趣味で何かを生み出すスキルを身につければよい

ということでした。

今までの教師経験そのものを、というよりも、教師になるまでの努力・教師経験で学んだスキル・趣味のスキルを活かして、やりたい仕事を選んでください。

わたしはがんばる教師を応援しています!

オススメの記事

後悔しない転職がしたいですよね?

教師→プログラマーに転職成功✨した履歴書

元教師が転職するとき、面接で何聞かれるんだろう…?

     

コメント

Comments are closed.