JLPT N2 Japanese grammmar “~dakeni”「~だけに」

「だけに」の前は、N, V, イA, ナA, 全部OKです。

~なので、…は当然だ、という意味です。 いい意味でも悪い意味でも使います。

Nの場合

N+だけに

例:日本人だけに、休みの日だけに、有名な店だけに


Nである+だけに

例:人気な映画であるだけに、父親であるだけに


Nであった+だけに

例:スポーツ選手であっただけに、学校の先生であっただけに

例文を読む

例文1

毎日使うベッドだけに、高くてもいいから良いものを買いたい。

意味
毎日使うベッドなので、高くてもいいから良いものを買いたいと思うのは当然だ。

みなさんはどんなベッドに寝ていますか。安いベッドですか、高いベッドですか。

安いベッドはあまり質が良くないかもしれません。しかし、高いベッドはきっと、質がいいでしょう。質は quality です。

ベッドは毎日使うものなので、高くてもいいから良いものを買いたいと思うのは当然です。

Vの場合

Vふつう形+だけに

例:毎日アルバイトをしているだけに、宿題をしないだけに、よく散歩するだけに、作文をたくさん書いただけに、日本語が話せるだけに、先生に怒られただけに

例文を読む

例文1

期待していただけに、テストで100点をとれなかったのがとても残念だ。

意味
期待していたので、テストで100点をとれなくて残念に思うのは当然だ。

テストの前にたくさん勉強をしたら、100点がとれるだろうと期待しますよね。
しかし、実際は50点でした。このとき、残念な気持ちになりますよね。

100点がとれるだろうと期待していたので、100点がとれなくて残念に思うのは当然です。

例文2

両親に心配ばかりさせてきただけに、今度温泉旅行をプレゼントしようと思っている。

意味
今まで両親に心配ばかりさせてきたので、温泉旅行をプレゼントするのは当然だ。

親はいつも子どものことを心配しているものです。ですので、「いつもありがとう」の気持ちで、子どもが親に何かをプレゼントすることがあります。

日本人は温泉が大好きなので、温泉旅行をプレゼントすることがよくあります。

両親に今まで心配ばかりさせてきたので、温泉旅行をプレゼントするのは当然のことです。

例文3

彼女は3年間も日本で暮らしていただけに、さすがに日本語が上手だ。

意味
彼女は3年間も日本で暮らしていたので、日本語が上手なのは当然だ。

みなさんは日本に住んだことがありますか。

はじめは日本語がわからなくても、3年間も日本に住んでいたら、上手になるでしょう。彼女は3年間も日本に住んでいたので、日本語が上手なのは当然のことです。

イAの場合

イAい+だけに

例:汚いだけに、かわいいだけに、重いだけに


イAかった+だけに

例:うるさかっただけに、暑かっただけに、うれしかっただけに

例文を読む

例文1

この町は外国人観光客が多いだけに、英語で書かれたメニューを置く店が多い。

意味
この町は外国人観光客が多いので、英語で書かれたメニューを置く店が多いのは当然だ。

みなさんは今、どこに住んでいますか。私は、日本の札幌という町に住んでいます。外国人観光客が多い町です。

外国人観光客は、日本語がわからない人が多いので、英語のメニューを置くレストランが多いです。外国人観光客が多いので、英語で書かれたメニューを置く店が多いのは当然です。

ナAの場合

ナAな+だけに

例:便利なだけに、真面目なだけに


ナAだった+だけに

例:幸せだっただけに、心配だっただけに


ナAである+だけに

例:ハンサムであるだけに、必要であるだけに


ナAであった+だけに

例:親切であっただけに、楽であっただけに

例文を読む

例文1

弟はフランス語が上手なだけに、フランスで働くことができる。

意味
弟はフランス語が上手なので、フランスで働くことができるのは当然だ。

フランスで働くなら、フランス語は必ず必要です。

弟はフランス語が上手なので、フランスで働くことができるのは当然のことです。

クイズ

次の2つの文は、どちらも正しいでしょうか。

①この本は大切なだけに、誰にも触らせないようにしている。
②この本は大切なだけに、絶対触らないでね。

正しいかどうか判断するために、意味を考えてみましょう。

答えを読む

①の意味は↓
この本は大切なので、誰にも触らせないようにするのは当然だ。

②の意味は↓
この本は大切なので、絶対触らないでねは当然だ。

②はちょっと変ですね。①は正しいですが、②は正しくないです。

では、2つ目の文はどのように直せばいいでしょうか。

「大切なだけに」ではなく、「大切なので、大切だから」にすればいいですね。

まとめ

「だけに」の前は、N, V, イA, ナA, 全部OKです。

~なので、…は当然だ、という意味です。 いい意味でも悪い意味でも使います。

Nの場合

N+だけに
Nである+だけに
Nであった+だけに


Vの場合

Vふつう形+だけに


イAの場合

イAい+だけに
イAかった+だけに


ナAの場合

ナAな+だけに
ナAだった+だけに
ナAである+だけに
ナAであった+だけに

似ている文法

「~だけに…」と意味が似ている文法があります。「~だけあって…」「~のことだから…」です。

「~だけに…」は、良い意味でも悪い意味でも使います。

しかし、「~だけあって…」はいつも良い意味です。感心したり、ほめるときに使います。

「~のことだから…」は、人の性格や様子を見て何かを良そうするときや、想像するときに使います。

「~だけあって…」「~のことだから…」のくわしい説明は、別の記事でしますね。

読んでいただきありがとうございました!

YouTubeも見てみてね!

YouTubeで見る