JLPT N2 Japanese grammmar “~totomoni” “~nitomonai” “~nitomonatte”「~とともに」「~にともない」「~にともなって」

N/Vじしょ形+とともに…

N/Vじしょ形+ にともない…

N/Vじしょ形+ にともなって…

意味:~が変わると、…も変わる。

どんな時に使う?

「~とともに…」「~にともない…」「~にともなって…」は少し書き言葉なので、ニュース、新聞、説明する時、文章などでよく使います。ですが、会話で使ってもOKです。

同じ意味の別の言葉

「~が変わると、…も変わる」同じ意味の別の言葉があります。

「さらに、もっと、より」です。話し言葉なので、会話でよく使います。

ポイント

「~とともに…」「~にともない…」「~にともなって…」の前も後ろも、
変化を表す言葉が入ります。

つまり、~には変化を表すNか、変化を表すVが入ります。

くわしく見る

変化を表すN

例えば、変化、年齢、時代、進歩などがあります。
変化とは、変わること。年齢とは、何歳かということ。時代はera, 進歩はprogress です。

変化を表すV

なんか変わることを表すVですね。

例えば、変化する、変わる、進歩する、年をとる、上がる、下がる、太る、やせる、大きくなる、小さくなる、広くなる、狭くなる、長くなる、短くなる、重くなる、軽くなる、安くなる、高くなるなどです。

なんか変わることを表すVだったら何でもいいので、たくさんあります。

もしこの中で意味のわからないVがあれば、自分で辞書とかで調べてみてください。

例文

例文を読む

例文1

AI技術が進歩する とともに/にともない/にともなって、人間の働き方が変わっていくだろう。

意味
AI技術が進歩すると、人間の働き方も変わっていくだろう。

AIとは、artificial intelligence のことです。

AI技術が今より良くなると、人間の仕事をこんなふうにAI, ロボットがするようになるかもしれません。そうすると、人間は今とは違う仕事をするようになるでしょう。

AI技術が変われば、人間の働き方も変わります。何かが変われば、別のことも変わります。

例文2

やせる とともに/にともない/にともなって 異性からモテるようになった。

意味
やせると、異性からモテるようになった。 

異性とは、自分と性の違う人のことです。私は女なので、私の異性は男です。もしあなたが男なら、あなたの異性は女です。

モテるというのは、人気があるという意味です。

例えば、この女の人は太っている時、全然男性からモテていませんでした。でも、ダイエットしてやせてかわいくなったので、男の人からの人気が出ました。

やせて見た目が変わると、異性から人気があるかどうかも変わります。
何かが変わると、別のことも変わります。

例文3

年齢 とともに/にともない/にともなって 体力が下がってきた。

意味
年齢が上がると、体力も下がってきた。

「年齢とともに」というのは、年齢が上がるとともにという意味です。

若いころは、体力、つまり体の力があるので、たくさん運動ができます。
でも、年をとっておじいさんやおばあさんになると、体力が下がってしまいます。

年齢が変わると、体力が下がってきました。何かが変わると、別のことも変わります。

例文4

季節 とともに/にともない/にともなって、山の景色は変わっていく。

意味
季節が変わると、山の景色も変わっていく。

日本で季節は 4つですね。ほかの国でも4つ季節がある国もあるし、いつも季節が同じ国もありますよね。

こんなふうに、季節が変わると山の景色も変わりますね。春は花がいっぱい咲きますし、夏は葉が緑できれいだし、秋は葉が赤っぽくなってきれいだし、冬は葉が枯れちゃうけど雪が降って白くなります。それもまたきれいですね。

ということで、季節が変わると、山の景色も変わります。

例文5

研究が進む   とともに/にともない/にともなって 、人間の生活が便利になってきた。

意味
研究が進むと、人間の生活も便利になってきた。

さて、この男の人は何を持っているんでしょうか。昔のケータイ電話ですね。大きくてめっちゃ不便です。なんか重そうだし、すごい持つのがめんどうくさいですよね。

ビデオ、カセットテープ、レコードも、今はもうあまり使いません。

今はビデオじゃなくてDVD, カセットテープとかレコードじゃなくて音楽プレーヤーを使いますね。あと、ケータイ電話も昔は大きくて不便でしたが、今はこんなに小さくて便利になりました。

様々な研究が進むと、人間の生活も変わりました。

例文6

好きな食べ物は、年をとる  とともに/にともない/にともなって 変わっていくものだ。

意味
年を取ると、好きな食べ物も変わっていくものだ。

子どものころと今で、好きな食べ物が変わった経験はありませんか。

例えば、この男の人は子どものころ野菜が嫌いでしたが、今大人になって「野菜おいしい♪」って言ってます。

年が変われば、好きな食べ物も変わることがあります。その逆もありますけどね(子供のころ好きだったものが大人になって嫌いになることも)

ちなみに私は、子どものころはカレーライスが大好きだったけど、今は嫌いです(笑)

例文7

タバコの値段が上がる  とともに/にともない/にともなって、買う人は減った。

意味
タバコの値段が上がると、買う人の数も変わった。数が減った。

みなさんは、タバコを吸いますか。私は全然吸わないんですけど、1回だけ幼稚園の時に親から吸わされたことがあります。父に無理やりタバコを口に入れられました。その時にとてもまずかったので、それから1度も吸っていません。だから、幼稚園の時にタバコ吸ってよかったなーと思ってます(笑)

さて、例えばタバコ1箱600円だったとします。

箱っていうのは、中に何かを入れることができる、こういう形のものです。タバコの箱とかプレゼントの箱とか、段ボール箱とかです。

1箱600円のタバコが1箱1,000円になったら、高くて買えない人がいますね。タバコの値段が変わると、買う人の数も変わります。

例文8

ファッションは時代  とともに/にともない/にともなって  変化してきた。

意味
時代が変わると、ファッションも変化してきた。

ファッションていうのは、人の服装のことですね。時代は、英語で言うとeraです。

昔と今の時代では、ファッションは全然違いますね。

これは日本の例です。今から約400年前は江戸時代、約80年前は大正時代です。
こんな感じのファッションでした(上の絵を見てね)。今の時代を令和時代と言います。令和時代は、こういう服するんじゃないですかねぇ(一番右の写真)。
これは私ですけど(笑)

こんなふうに、今の時代に昔のファッションをしている人はいないですし、逆に昔に写真のような服を着ている人はいなかったと思います。たぶん。

ということで、時代が変わると、ファッションも変わります。

まとめ

「~とともに…」「~にともない…」「~にともなって…」はすべて「 ~が変わると、…も変わる。 」という意味です。

N/Vじしょ形+とともに…

N/Vじしょ形+ にともない…

N/Vじしょ形+ にともなって…

~, …には変化を表す言葉が入ります。つまり、「とともに」「にともない」「にともなって」の前には、変化を表すNか、変化を表すVが入ります。

「~とともに」だけ、もう1つ意味がある

N+とともに

意味:~と一緒に

※「~にともない」「~にともなって」はこの意味で使いません。

例文を読む

例文

例文1

私の会社はA社とともにゲーム機を作っている。

意味
私の会社は、A社と一緒に(協力して)ゲーム機を作っている。

協力するというのは、力を合わせて何かを一緒にするという意味です。

Aという名前の会社があります。私が働いている会社とA社が協力して、1つのゲーム機を作っています。私の会社は、A社と一緒にゲーム機を作っています。

例文2

私は母とともに住んでいる。

意味
私は母と一緒に住んでいる。

母と一緒に住んでるっていう意味です。

例文3

あなたとともに生きていきたい。

意味
あなたと一緒に生きていきたい。

「あなたと一緒に生きていきたい、結婚しましょう」とプロポーズしているところです。こんなこと言われてみたいなぁ。

読んでいただきありがとうございました!

YouTubeも見てみてね!

YouTubeで見る